HOME > 粟島の食・特産品

粟島の食・特産品

小さいながら魅力いっぱいの粟島。もちろん、島を代表する味と特産品も、逸品ぞろいです。特に、日本海を 一度に味わうことのできる島の味「わっぱ煮」と粟 島に生育する真竹から作った、真竹炭製品は、この島を語る上で 欠かせない、お勧めの品!ぜひ、お試し下さい!
粟島の食・特産品

鮮度が違う、本物の美味しさ。

日本海に浮かぶ粟島では、海の幸、山の幸が充実。

風土が生んだ特有の料理など、都会では味わえない美味・珍味に出会うことができます。

わっぱ煮

わっぱ煮

粟島の海の幸を存分に堪能できるのが名物料理・わっぱ煮。杉を曲げてつくったわっぱ≠ノ、焼いた魚とネギを入れてお湯を注ぎ、真っ赤に焼いた石を落し、 ぶわっと煮立ったところで味噌を溶き入れる豪快な漁師料理だ。捕れたてのメバル・カワハギ・アブラコなど、その時期にうまい魚を使う。
タイ

タイ

粟島といえばタイ。5月から6月に産卵場所を求めて粟島周辺に寄ってくる。シーズンには3か所の大謀網で朝夕2回出て漁をする。昭和6年6月9日 (1931年)に内浦で1万5千貫(38トン)捕れた記録がある。タイは海魚の王様、刺身にしても塩焼きにしても美味しい。
アワビ・サザエ

アワビ・サザエ

岩礁地帯の多い島周辺でアワビ・サザエが棲息している。餌となる海草も豊富である。サザエは外側に角が出ているのが通常の姿であるが、外海の荒波で育つも のに角が出て、内海の穏やかなところで育つものに角が無いという説がある。粟島の海も荒海だが比較的角が短い。
塩辛煮

塩辛煮

竹を縦割りにしたものを器にして、イワシのぬか漬けを洗ってほぐし、熱湯に入れて骨を除く。大根おろし、ネギのみじんぎりを入れ、味噌を加える。竹の器ご と火にかけて煮る。秋、竹切りに山に入り、弁当のおかずに作られ食された。サバの缶詰などでも美味しくできる。
冷し汁

冷し汁

山仕事や畑仕事の昼食時に、ご飯を詰めたワッパの蓋で冷たい沢水を汲み味噌を溶く。キュウリとたくわんの薄切り、ワカメを入れ、トビウオの焼き干をほぐし て入れる。夏の熱い最中の冷たい味噌汁。仕事の疲れをいやす逸品である。家庭では氷水で味噌を溶き、焼き魚をほぐして入れ食卓に出している。
真竹の筍

真竹の筍

粟島には、アカモウソウ、マダケが自生している。筍料理として特徴のあるのはマダケの筍である。地上から丈60〜80センチ、太さ6〜7センチの筍であ る。普通に見られるモウソウダケの筍より肉うすであるが柔らかくシャキシャキとした食感が味わえる。
じゃがいも

じゃがいも

粟島のジャガイモ(ダンシャク、メイクイン)は知る人ぞ知る名産品。土質がアルカリ性で作物に適している。7月に収穫し、島外にも出荷され、親戚に送ると たちまちにして山の量が減ってしまう。春まで貯蔵され甘味がいっそう増してくる。コロッケにしても一味うまさが違うと賞賛されている。ジャガイモを蒸して カタクリ粉と合わせてこね、あんこを入れたお菓子はおやつとして好まれた。
粟島おみやげ特産品

真竹炭製品

真竹炭枕【1】竹馬の友

リラックス効果があり、 疲労感も取れる健康安眠枕 です。・竹炭のみ:2kg・そば600g, 竹1.2kg

入浴用最高級竹酢液【2】めぐみ

樹木をいぶした香りでまろやかなお風呂となります。

消臭真竹炭【3】島の香り(400g)

部屋やトイレ、冷蔵庫やペット小屋などの消臭にどうぞ。

炊飯、飲料水用真竹炭【4】ほっぺ(70g〜80g)

炊飯器に入れると温熱効果でふっくらとしたご飯が炊き上がり保温時の臭いや黄ばみも防げます。飲料水に入れると塩素などを吸着しておいしいミネラル水にな ります。

生花用真竹炭【5】竹の友(70g〜80g)

花瓶や金魚鉢に入れると水が腐りにくくなり、魚には虫がつきにくくなり、お花は驚くほど長持ちします。

清酒あわしま

粟島の水と海水を使用して、丹念に仕込みました。

海水中のミネラルは、こうじや酵母に活力を与える栄養源となっています。