HOME粟島の概要 > 教育

粟島の教育

保育所・学校と家庭が協力し合った人間教育で、
心身健全に成長する子どもたち。


授業風景(小学生)

ワカメ採り(小・中学生)

稲刈り(小学生)

交流学習(小学生)
島の自然のようにおおらかに、そして心やさしい人になるように。充実した施設での個性重視の小人数教育は、現代が忘れかけた人間らしさ≠ノ満ちあふれて いる。 村の保育所、そして内浦にある粟島浦村小中学校で子どもたちは、アットホームな雰囲気の中でまるできょうだいのように仲よく学校生活を送っている。学校か ら遠い釜谷地区の学童のために毎日スクールバスが運行し、体育館など、都市部にひけをとらない施設を背景にのびのびと個性重視の教育が進められている。こ れらはすべて、保育所・小中学校・家庭が、がっちりとスクラムを組みやすい島ならではの連携体制によるものだ。

介護体験(中学生)

交流学習(中学生)

交流学習(中学生)

授業風景(中学生)
またそうした一方で、本土の学校との交流学習の機会などを通して、幅広い視野を育てる総合学習も行われている。進学や就職で島を離れ、たとえ大都市へ行っ ても臆することなく、島で培った忍耐力・道徳観・学力・個性を堂々と発揮してほしいからである。IT時代の対応にも子どもたちは積極的だ。インターネット でさまざまなHPにアクセスし、場所と時間に格差のない情報を手に入れることを学んでいる。
島には高校がないため、子どもたちは本土の高校へ進学することになるが、村では親元を離れて学ぶ生徒たちのために村上市内に寄宿舎「晴海寮」を建設してい る。10代の大切な時期を仲間とともに過ごす貴重な3年間は、きっとよい成長の糧となるだろう。

保育所

小・中学校

晴海寮

スクールバス

IT講習